新年のご挨拶

415516693_6701406519987032_5167435006502126436_n.jpg>
明けましておめでとうございます。
昨年も良き出会いがあり多くの知人ができ喜んでいます。
SNSだけの知り合いで実際にはお目にかかっていない方もおられますが、いつかどこかでお目にかかりましょう。

昨年は自治会など地元の活動に多くいそしんだ年でした。
様々な出来事がありましたが、その中でまことに個人的な今年の十大ニュースとして以下に紹介いたします。
1.幸喜高齢者となる
2.4月にコロナに夫婦で罹患する (自宅療養だが入院扱いで医療保険はおりる)
3.生まれて初めて本籍である淡路島の仮屋を訪れる
4.本籍が同じ植村文楽軒(本名:正井与兵衛)の関係地を訪ねる
5.タイガース優勝セールにより電化製品を入れ替える
   TV、掃除機、電子レンジ、暖房機、洗面化粧台、電気ポット
6.東京龍馬会にて「三吉慎蔵の幕末」と題し講演をする
7.咸臨丸子孫の会の関西歴史探訪を4年ぶりに再開し、壬生周辺を訪れる
8.リタイア後初めて年収が〇〇〇を越える
9.今年初めて有馬温泉山登りが1回に終わる
10. 友人との国内旅行は別にして、5類移行を契機にしばしば関東を訪れる

早いもので、今年は趣味の世界に入り15年目になります。
その間の大きな出来事として、
2010年に渡航150年前の咸臨丸の航跡をたどる帆船海王丸によるサンフランシスコまでの30日間の遠洋航海、
2011年の帆船あこがれによる9日間の四国一周、
2015年のオランダでの開陽丸建造150年記念式典、
2016年の幕末先人も歩いた旧東海道の19日間での歩破、
2017年の9カ所骨折事故、
2019年~2023年の主に信州を中心にした国内旅行、
が忘れられない強烈な印象があります。

また、趣味の一つである先祖調査としては、家系別に、
〇長府藩士三吉慎蔵の縁者の、船越清蔵、来嶋又兵衛、井上馨、
〇幕臣小杉雅之進の縁者の、細谷十太夫、小杉辰三、松平健雄、松平容保、桃井播磨守直常、桃井直詮(幸若太夫)、桃井長直(日隆上人)、桃井春蔵、楢林新右衛門、楢林宗建、
〇幕臣河島由路の縁者の、今村明恒、今村源右衛門、夏目小一郎、夏目漱石、
〇但馬住人小山六郎などについて
この14年間に各々幾分進展しました。
また最近判明した文楽の名の由来となった植村文楽軒(本名:正井与兵衛)について、昨年本籍地淡路島仮屋にて若干の調査ができました。

今年の予定は、例年を参考にすると以下の通りです
1月  各会新年会
2月  京都妙教寺での東軍戦死者慰霊祭
    咸臨丸子孫の会総会(於東京)
3月  大阪龍馬会総会
4月  開陽丸子孫の会総会(於東京)
    咸臨丸フェスティバル(於浦賀)
5月  彰義隊墓前法要(於東京)
6月  京都会津会総会・法要
7月  米熊・慎蔵・龍馬会総会(於上田)
9月  戊辰役東軍殉難者慰霊祭
11月  龍馬墓前祭
12月  各会忘年会
これからも新たな出会いがあると思います。
今年も皆さんにとって良い年でありますように

この記事へのコメント

相川 良彦
2024年02月27日 14:53
「幕末散歩」の多彩な行脚、その行動力に敬服いたします。
 さて、私も退職後の趣味で、夏目漱石について調べています。著書として、『漱石文学の虚実』幻冬舎2017があります。そして、目下その続編を執筆中です。その中で、「夏目家三代の系図」を従弟の相良一夫と共同で作成しつつあるのですが、出来たら以下に述べる3ヶ所の不明年次を補充して、この家系図を完成させたいと念願しています。(もし、ご興味があれば、作成中の夏目家の家系図を送りますが) それで、得たいと希望する情報は以下の3つです。
1つは漱石の祖父・直道さんの没年、
2つは漱石の祖母・磯さんの生年と没年、
3つは漱石の兄・和三郎の妻みよさん(1878年生)の没年
、です。没年については、もし夏目家に過去帳が残っていれば、分るはずです。もし過去帳など見せていただけたら、相応の謝礼をさせていただきます。
 ついては、和三郎(直矩)さんのご子孫の連絡先を探しております。和三郎さんの長男・小一郎(1897生~1960?)の長女・堯子さんやその婿・四郎さん、或はこのご夫婦の跡継ぎは、小一郎・恒子夫婦が暮らした芦屋大原町に現在も住んでおられるのでしょうか?或は、別の地域に移転されている場合、その別の住所ご連絡作をご存知ないでしょうか?
 なお、夏目恒子『其面影 故夏目小一郎』アンデス書房1961を持っておられるなら、拝借してコピーしたいのですが、如何でしょうか?
 別件ですが、幕末の志士に熊本畔出身の横井小楠、その門弟で、志士としては極めて小者ですが山形典次郎がおります。私の母方は横井家の遠い姻戚で、DNAで言えば、私の母方の6代前の先祖が小楠の祖母と姉―弟の関係で、かつ小楠の祖父とは従兄弟の関係です。小楠については、自宅を私塾とした四時軒が熊本市に、暗殺された殉節碑が京都市中京区寺町丸太町下ルに、「幕末散歩」で載せられた由利公正と並んだ石像が福井市内堀公園、にあります。遺跡巡りとしては適当な数量です。「幕末散歩」で取り上げてもらえると幸いです。
 山形典次郎は私の母の父方の、4代前の先祖です。日田騒動で県当局側の代表になり、小楠の政策思想を実践して一揆側の減免要求を認めたため、明治維新政府から罷免された人物です。いわば敗者で、また幕末の志士としての活動も裏方の多かった小者ですから、遺跡はありません。ただ、日田騒動という大規模な一揆の割に犠牲者を出さなかったのが唯一の功績でしょうか?
 以上、夏目小一郎さんの子孫の連絡先の問い合わせまで。
                   相川 良彦
       〒277-0072 千葉県柏市つくしが丘3-18-14
             Tel&Fax: 04-7173-9310
正井良治
2024年03月18日 20:52
相川様
コメントありがとうございます。
コメント投稿をうっかり見逃しておりました。
実はお問い合わせに対し、ほとんどお答えできる史料を持ち合わせておりません。とりあえずメールアドレスをあげておきますので、こちらでやり取りしたいと思います。よろしくお願いいたします。